かっこいいデザインのジャージをブランド別に15選。アディダス、フレッドペリーなどのイメージ

通気性が良く動きやすい特徴があるスポーツウェアのジャージ。スポーツに最適ですが、それだけではなくアウトドアや普段着、部屋着などの多くのシーンで活躍してくれますね。なので多くのブランドから製品がリリースされており、デザインも様々。

ここでは、どうせならかっこいいデザインのジャージを選びたい方向けに、ナイキやアディダスなどのブランドに分けて、おしゃれでかっこいいデザインのジャージを紹介しています。

かっこいいジャージの選び方

出典:shop.adidas.jp

まずはサイズから

ジャージのサイズはM~XLまで細かくラインナップされ、それぞれ身長、胸囲までcmで記されているので、自分に合ったサイズの製品を見つけやすいのではないかと思いますが、ルーズ感やフィット感を持たせて着用することで製品のイメージも変わってきます

特にフィットして着用される場合は、シルエットがハッキリとしてしまう為、痩せ型やスタイルの良いと人が着用するとよりおしゃれに見えると思います。

デザインで選ぶ

紺や黒といったカラーリングが多いジャージですが、抑えたカラーリングは部屋着・ファッションなど、どんなシーンでも馴染みやすいため、各ブランドから定番としてリリースされており、かっこいい安定のデザインだと思います。

ただ気をつけたいのが夜道のランニングでジャージを着用する場合、明るい色が入っている方が視認性が上がり、また、抑えたカラーリングの中にもワンポイントでリフレクター付きなら夜間の視認を上げてくれますので、トレーニングではそういった製品を選ぶのが良いと思います。

また、派手なカラーリングの製品も多くリリースされていますが、こちらは個性的なファッションに取り入れるのも良いのではないでしょうか。

ブランドで選ぶ

ジャージは様々なブランドからリリースされていますが、トレーニングウェアとして最適なため、特にスポーツ関連のブランドから多いリリースされています。

ナイキ、アディダス、チャンピオンといった大手ももちろん多くの製品をラインナップさせており、自分の好きなブランドの製品を選択するのが1番かと思いますが、ジャージに関してはスリーストライプの入ったアディダスのジャージはカルチャーとしての歴史もありますし、特にかっこいいブランドだと思います。

機能性をチェック

速乾性、吸収性、保温性、通気性、暴風性などの多くの機能性があるジャージですが、シーンにより必要な機能を選びたい所です。

ウィンタースポーツで使うなら保温性や暴風性に優れたものを、熱い季節で使うならば通気性をチェックすると良いでしょう。せっかくかっこいいデザインの製品でも、寒いのに通気性の優れたペラペラな見るからに寒そうなものを着用していれば台無しですよね。

また、速乾性に関しては、汗をかいても直ぐに乾かしてくれる機能として、スポーツ・部屋着としても全てにおいて重要な機能だと思われます。

以上です。ここからはかっこいいジャージを、ナイキやアディダスなどのブランドに分けて紹介していきたいと思います。

1,かっこいいジャージなら「adidas(アディダス)」

1924年、靴職人の息子であったアドルフとルドルフの兄弟が体育館用シューズを作ったことがきっかけとなり、弟のアドルフにより創業されたのがアディダス。

1965年にテニスシューズのスタンスミス、1970年にバスケットシューズのスーパースターがヒットとなり、シューズブランドとして地位を高めていきました。

現在では靴、衣類、アクセサリーのデザイン・製造を行うドイツの多国籍スポーツ関連企業として、世界でもナイキやアンダーアーマーと並ぶメーカーとして多くの人に認識され、トレードマークのスリーストライプはかっこいいカルチャーとして、多くの人に愛されています

ちなみに1964年にアディダスがはじめてトレーニングウェアをリリースしたとも言われ、ジャージの元祖です。

adidas(アディダス) ジャージ上下セット エアロレディ エッセンシャルズ 3ストライプス

アディダスの人気スリーストライプをあしらったアイコニックなトラックスーツ。圧倒的な人気を誇る定番のジャージで、シンプルながらゆったりとしたシルエットは、ヒップホップが出てきた頃のrunDMCを思わせるヴィンテージ感も備えたデザインです。様々なシーンに対応出来るかっこいいジャージだと思います。

adidas (アディダス) トラックパンツ メンズ PRIMEBLUE SST TRACK PANTS GF0210

履き心地にもこだわった、クラシックスタイルがかっこいいアディダスのトラックパンツ。衣服内をドライで快適に保つ革新的なテクノロジーが生んだコレクション「エアロレディ」の製品で、スポーツ以外にも部屋着としても使い心地は良さそうです。

サイドにはしっかりとシグネチャースリーストライプ、ヒップにトレフォイルロゴが入るデサインは間違いのないスタイルですね。

2,月桂樹が印象的な「FRED PERRY(フレッドペリー)」

ポロシャツやモッズコートで有名なフレッドペリー。創業者でもあるフレデリック・ジョン・ペリーは、元卓球の選手であり、その後テニスプレーヤーに転身してウィンブルドンを連覇するなど大きな功績を残した人物です。

引退後、リストバンドとスウェットを開発し、フレッドペリースポーツウェアブランドを設立します。タイトでフィットしたウェアはスポーツ選手のみならず、一般の人にも浸透し、現在だはファッションブランドとして地位を固めています

FRED PERRY(フレッドペリー) TAPED TRACK JACKET

フレッドペリーのアイコンである月桂樹が大胆に描かれたトラックジャケット。フレッドペリー好きには嬉しく、そうでない人にもインパクトを与えるデザインですね。ローレルデザインがおしゃれな製品だと思います。

光沢感のあるトリコット素材を使し、シワになりにくく、ネックは高めですがスッキリとしたシルエットがかっこいいジャージです。

3,鶏ロゴがかわいい「le coq sportif (ルコックスポルティフ)」

1882年にスタートしたルコックススポルティフは、フランス最古のスポーツブランドとして考えられている歴史のあるブランド。日本ではデサントが商標権を獲得して展開、近年日本でも人気が高まっているブランドでもあります。

1920年にスポーツ競技用のウェアを開発し、創業開始から66年後の1948年にルコックスポルティフとしてブランドが誕生しました。ルコックスのルコックとはフランスの国鳥であり、ロゴには現在の原型となる鶏のマークが使われるようになりました。この鶏のロゴは製品に描かれ、ブランドのアイコンとしてシンボルになっています。

le coq sportif(ルコックスポルティフ) ジャージ トラックジャージジャケット QMMSJF31

若干の光沢感があり、肩口から伸びる2本のラインはオーセンティックな印象的なスタンドジャケット。ベーシックなスポーツスタイルのジャージながら、胸には鶏ロゴがあしらわれ、ルコックスらしいおしゃれさだと思います。 特殊な素材を使い吸汗速乾を実現、ラグランスリーブで、腕のうごかしやすさを確保しているように機能性もあるようです。

○ジャージ下
https://www.amazon.co.jp/dp/B08QR3KLWQ

4,キングオブスウェット「Champion(チャンピオン)」

1919年にニューヨーク州・ロチェスターで誕生した、アメリカを代表するスポーツカジュアルブランドのチャンピオン。キング・オブ・スウェットシャツの異名を持つように、日本でもよく知られるブランドですね。

リバースウィーブという方法で、スウェットの弱点でもあった洗うと縮むといった点を解消し、米軍や大学のウェアに採用されたことにより、多くの人に知られるブランドとなりました。いつの時代も品質にこだわり、耐久性・素材・縫製を追求してきたクラフトマンシップを失わないかっこいいブランドです。

Champion(チャンピオン)ジャージ上下セット C8-SSW02

チャンピオンには色々種類のジャージがありますが、こちらのC8-SSW02は機能性を備えたチャンピオンらしいジャージだと思います。腕と足にあしらったサイドラインがかっこいいデザインの製品でで、裾はリブではなくストレートのデザインで、様々なスポーツシーンに適用出来るスタイルです。

5,アイウェアからアパレスまで「OAKLEY(オークリー)」

1975年にアメリカ・カリフォルニアにてジム・ジャナード氏により創業されたオークリー。モトクロスのグリップとゴーグルを開発者し、ライダーの間で人気となりアイウェアのブランドとして、多くの人に人に認知されていきました。

スタイリッシュなデザインと高い可能性を備えたスポーツサングラスは人気となり、アスリートのみならす一般の人にも受け入れられ、90年台に入るとウェアなどアパレルの分野にも参入、近年ではサーフィンやスノーボーダー以外にも、野球やゴルフといった分野など、多くのシーン用の製品がリリースされています。

OAKLEY(オークリー) ENHANCE TECH JERSEY JACKET 10.7

アイウェアとして名高いブランドのオークリー、トレーニングウェアとしてはあまり評価は高くないのかも知れませんが、こちらのジャージはパフォーマンスを重視した設計のテクニカルトレーニングウェア。汗を吸い上げ素早く拡散する吸汗速乾性を実現、リフレクターが夜間の視認性を向上など。
パフォーマンス重視しながらも他のジャージにはないフィットデザインもおしゃれだと思います。

○ジャージ下
https://www.amazon.co.jp/dp/B082WDPWRC

6,快適なアンダーウェアが人気の「UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)」

1996年にアメリカ・メリーランド大学に在学中のケビン・プランク氏により立ち上げられたブランド「アンダーアーマー」。アスリートが着るインナーを快適なものにするウェアを開発したことで、設立から10年であっという間にナイキと並ぶスポーツ関連ビジネスの世界2位に君臨するブランドとなりました

しかし、2014年にアディダスを抜き2位であったブランドですが、ファッション性を重視したためか、近年は勢いがおとろえているようです。

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー) スポーツスタイル ピケ トラックジャケット

アンダーアーマーのトレーニングウェア「ピケ」。体のラインに沿って着用するフィッティドタイプのシリーズで、いかにもトレーニング仕様のデザインはアンダーアーマーらしさのあるかっこいいデザインだと思います。

また、軽くて丈夫で通気性に優れた質感あるニット素材を使用し、速乾性にもすぐれています。

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー) スポーツスタイルトリコットジョガー

こちらはジャージパンツ「スポーツスタイル トリコット ジョガー」。アンダーアーマーのとても人気のあるジョギング用のパンツです。

ゆったりとしたルーズ感のあるスタイルで、表面が滑らかで内側が柔らかな履き心地。耐久性や保温性、速乾性に優れた素材を使って作られています。

7,アダムとイブのロゴがかっこいい「KAPPA(カッパ)」

イタリア・トリノでスタートしたスポーツブランドのカッパ。歴史は100年以上というしにせブランド。男女が背中合わせとなっているロゴは、アダムとイブを表した印象的なデザインです。

ジャージなど、トレーニングウェアに特化した製品を展開していますが、個性的でスポーティーなアイテムは、かっこいいイメージでよりファッションとしての要素が強いかも知れません。

Kappa(カッパ) ランニングウェア ジャージ 上下セット

ストレッチ素材で着心地も快適な、カッパのランニングウェアジャージ上下セットです。スタイリッシュなデザインで、スポーツではなく、部屋着などでもおしゃれに過ごせるアイテムだと思います。

サイドにはカッパの文字と、アダムとイブのロゴが敷き詰められたラインが特徴的です。

8,世界のトップの巨大スポーツブランドの「NIKE(ナイキ)」

ナイキは誰もが知るスポーツブランドで、世界のスポーツ関連ビジネスのトップを走る企業です。1971年に日本のオニツカタイガーのアメリカでの販売権を得て創業したナイキ。ヒップホップの音楽とスポーツウェア、スポーツ選手の神格化などのカルチャーを生み出し、クールなイメージを失わず、現在は靴、アパレル、機器、アクセサリー、サービスの設計など幅広く展開しています。

NIKE(ナイキ) フレンチテリー ジョガーパンツ

フレンチテリー素材を使った柔らかく、快適な着心地のジョガーパンツ。クラシックスタイルの定番として人気の製品です。ゆったりとした着用感ながら、袖をリブ仕様にすることでスッキリとしたデザインに仕上げています。

NIKE(ナイキ) ジャージ上下セット NSW CE PK トラック スーツ

スポーツアイテムには定番と言える人気の製品をラインナップさせるナイキですが、こちらのトラックスーツは上下ともにしっかりとナイキのロゴが刺繍されているので間違いはないと思われます。

程よいフィット感と、ポリエステル100パーセントの滑らかなソフトニット素材を使い、普段着にも着心地のよいジャージです。

9,フットウェアブランドの「Reebok(リーボック)」

元陸上選手であったジョセフ・ウィリアム・フォスター氏により創業されたリーボック。もっと早く走れるシューズがほしいと、靴底に釘を打ち付けた「フォスター・デラックス・スパイク」を製作し、1900年に「J・W・フォスター」社を設立。

その後、シューズメーカーとして地位を固め、1958年に社名を「Reebok(リーボック)」に変更、1992年に本格的にウェアに参入するまで、シューズメーカーとして活動していたため、機能性が高く評価も高いシューズをリリースしてきた経緯から、現在でもシューズメーカーとしての印象が強く残りますが、ウェアもかっこいいデザインが多いように個人的には思います。

しかし、業績悪化のために、2005年からはアディダスの子会社となり、さらに2021年にはアディダスでも業績の低下を改善できずに売却されることが決まっています。

Reebok(リーボック) クラシックス ベクター テープ トラック ジャケット

スポーツとストリートの融合をテーマとしたリーボックのトラックジャケット。インターロック素材を使用して作られたジャージは、滑らかでカレッジネイビーとの相性が良く見栄えも良いですね。

サイドにはベクターグラフィックテープ肘まで施し、細身の現代的なルックスに仕上げられたかっこいいデザインの製品です。

その他のおしゃれなファッションブランド

LACOSTE(ラコステ) バイカラートラックジャケット

1933年に創業されたフランスのファッションブランドのラコステは、ポロシャツをテニス業界に持ち込んだレジェンドテニスプレーヤー、ルネ・ラコステ氏により立ち上げられたブランドです。ワニのロゴで有名ですね。

こちらのジャージも胸にワニのロゴが使われ、両脇に大胆なカラーブロッキングを施しているのが特徴的。背面には大きなワニが描かれ、ラコステが好きな人には喜ばれそうなデザインだと思います。

HYDROGEN(ハイドロゲン) セットドクロ アウター トレーニングウェア

イタリア発のスポーツ系カジュアルブランドのハイドロゲン。2003年にアルベルト・ブレーシ氏により立ち上げられ、ロゴでありアイコンでもあるスカルとスポーツの融合を確立させ、独自の運営手法で設立より10年足らずで世界的なブランドへと成長しています。カジュアルでありながらラグジュアリーの雰囲気も持ち合わせているブランドです。

ジャージにもしっかりとドクロが刻まれたかっこいいデザイン。こちらはサイドに赤のラインをあしらっていますが、白のバージョンもあります。

FILA(フィラ) テニス ジャージ トラックジャケット VM5552

ニット素材の工場としてイタリア・フィレンツェにて創業したフィラ、70年代からはウェアブランドに転向し、トリコロール風のカラーをアクセントにしたテニスウェアでトップブランドへとなりました。その後は業績悪化に伴い、韓国の企業に買収されてから、おしゃれなブランドとして日本では定着しています。

フィラのジャージはおしゃれなデザインの製品が多いですが、こちらのセレクトしたアイテムはFILAテニスのブランドからリリースされているジャージ、ヘリテージストライプを大胆に使ったベーシックなジャケットです。トレーニング用としてよりも、ファッションとして取り入れたいですね。

以上です。いかがでしたでしょうか。お気に入りのデザインのジャージを、様々なシーンでいかして、かっこよく過ごしたいですね。参考にして頂けたらと思います。

サイトについて | お問い合わせ | プライバシーポリシー

© Coolman