おしゃれなビールジョッキをブランド別に17選のイメージ

缶ビールをよりおいしく飲むために必要になるビールジョッキ。缶のビールはビールジョッキに入れて飲むことで、泡立ちや口当たりなどが良くなり、ひと際おいしく飲むことができます。

暑い夏場にはジョッキにうつして、ビールを飲みたい人は多いのではないでしょうか。

そのためガラスブや断熱を得意とするブランドなどが多くのビールジョッキをリリースしていますので、ここではおしゃれなビールジョッキを、信頼できるブランドやメーカーに分けて紹介しています。

おしゃれなビールジョッキの選び方

出典:photo-ac.com

硝子関連のブランドが多い

ビールジョッキをリリースしているブランドには、ガラス製品を製造するブランドが多く、東洋佐々木ガラスやアデリア、海外からはボルミエリロッコ、ツヴィーゼルなどがあります。

また、サーモス、スタンレーなど、冷えたビールを長時間楽しむために断熱技術を扱うブランドも製品をリリースしており、その他にも少ないですが、錫、竹、陶器などを扱うブランドがあります。さまざまなメーカーやブランドが製品をリリースしていますので、自分の好きな素材を扱うブランドを選びたいですね。

取っ手や飲み口

さまざまなデザインの製品があるので、どうせならやはりおしゃれなジョッキを選びたいですが、見た目だけではなく使い勝手も考えると、取っ手や飲み口には気を付けたい所です。

取っ手は大きい方が持ちやすく、持ち上げやすいので、自分の手のサイズにマッチしていて大きい取っ手のものを選びましょう。

また、製品自体の厚みや飲み口の厚さにも気をつけたく、厚いものであれば薄いものよりもゴクゴクと飲めるので男性向きだと思います。

容量は500ml前後が多い

ビールジョッキの容量は350ml~1Lまでさまざまなサイズの製品がありますが、中でも500ml前後の製品が一番多いです。

缶ビールをジョッキに入れ替えて飲む場合、一般的に缶ビールのサイズは350mlと500ml缶が主流ですので、それに合わせたサイズのものを選ぶのが良いと思います。あまりピッタリのサイズを選ぶよりも、少し余裕のある物を選んだ方が、氷などをいれることができてよりビールを楽しめます

素材を活かしたデザインが美しい

ビールジョッキにはさまざまな形状やデザインがありますが、ビール好きな人は毎日のように使う可能性もありますし、好きなデザインのジョッキを選びたいですね。

表面はつるりとしたものやゴツゴツとしたもの、丸みがあるタイプや細身の物、周りが華やかになるような面白いデザインの製品もあり、陶器や竹などの素材を活かした製品はデザインに拘らなくてもそのままでも美しいですね。デザインの好みで選ぶのも良いのではないでしょうか。

ビールジョッキの素材

ビールジョッキはガラスを使った製品が多い印象ですが、その他にもステンレス、錫、陶器などがあり、それぞれ違った特徴があります。

ガラス

ビールジョッキで最も一般的でポピュラーなのがガラス製です。種類も一番多く、デザインも豊富。コストの安い素材で、製品の安さで人気の面もありますね。

ガラスには匂いもありませんし、厚い作りで飲みやすい特徴があります。さらに透明であるために視覚的にも楽しめることができ、こうした多くのメリットが人気の素材となっていると思われます。

ステンレス

ビールの冷たさを保ってくれるのに適した金属製のジョッキ。金属は熱伝導率に優れていいるので、金属の容器にまでビールの冷たさが伝わりビールの温度を長くキープしてくれます。特にステンレスは耐久性もあり、真空断熱構造のジョッキによく使われている素材です。

錫も金属であるため、冷たさをキープしてくれますが、また、酸化しにくく、有害物質が溶けにくいといわれる金属で体にやさしい特徴があります。ビールのトゲトゲしさを和らげて、まろやかにしてくれるといわれています。

陶器

陶器製の特徴はクリーミーな泡を楽しめることにあります。陶器の表面には細かい凹凸があり、その穴から出る空気がビールと混ざり合ってクリーミーな泡を作ります。

その泡がきめ細かく消えにくいので、ビールの炭酸や風味を閉じ込めておく役割も演じてくれます。ただグラスは多いのですが、ジョッキになると製品は少なくなります。

以上です。ここからはブランドに分けておしゃれなビールジョッキを紹介していきたいと思います。

創業140年を超える国産ガラスメーカー「東洋佐々木ガラス」

東洋製罐グループのプロジェクトの一つ「東洋佐々木ガラス」は、国内のガラス食器を扱うメーカーです。とても多くのグッドデザイン賞を受賞した製品を持ち、江戸硝子、ファインクリスタルなどのスタイリッシュなブランドを展開。ビールジョッキは特に種類が豊富で国内で高いシェアを誇ります。

東洋佐々木ガラス ビールジョッキ

ビールジョッキならばこれと思わせる、オーソドックススタイルの東洋佐々木ガラスのビールジョッキ。デザイン的には普通かもしれませんが、高品質のソーダガラスを使って作られた「ファインクリア」。クリスタルガラスに匹敵するシャープなクリアさを実現しています。

作りも頑丈ですし、取っ手も大きく握りやすい作り。最も一般的なスタイルですが、シンプルが一番なのかもしれません。

サイズ
7.9×7.9×16.7cm
素材
ソーダガラス
容量
バリエーション多数
仕様
食洗器対応

東洋佐々木ガラス ビールジョッキ 425ml アイスクル M

つららをイメージして作られたアイスクルシリーズのビールジョッキ。ひんやりと冷やして使うと雰囲気がより発揮されそうなジョッキです。居酒屋でも使われることが多そうなジョッキですので、家で居酒屋気分を味わうのにも良いかもしれません。

サイズ
約φ8.6×12.4(最大径13.0)cm
素材
ソーダライムガラス
容量
約425ml
仕様
食洗機対応

天然素材の孟宗竹を使った製品づくり「RIVERET」

リヴェレットは天然素材の孟宗竹を使った日本のデザイン食器ブランドです。1988年より研究をはじめ竹の育成、加工を試行錯誤により製品リリースに至りました。

普段使いとして、さまざまな空間に溶け込むデザインの製品が特徴的。2019年にはフランス・パリの代表的なアートフェア「Salon Art Shopping Paris 2019」にも招待され、世界的にも注目のブランドです。

RIVERET(リヴェレット)天然竹製ビールジョッキ

卓越した職人により作られたおしゃれな竹製のビアマグ。竹製のマグを楽しめるのはリヴェレットだけなので、プレゼントとしても喜ばれると思います。独自のコーティングが施してありますが、竹本来の質感も残されている製品。一つ一つ手作業での磨き上げ、手触り口あたりも滑らか。クリーミーな泡立ちを楽しめます。

サイズ
口径77mm×高さ140mm
素材
竹製
容量
500ml
仕様
食洗器対応

大阪に根付く錫器伝統を受け継ぐ「大阪錫器」

社名の通り錫器の製作を専業とする大阪錫器。錫は金・銀に次ぐ貴重な金属、金属ながら金属特有の匂いはせず、また人体に無害な金属でもあります。「現代の名工」と名高い今井達昌をはじめ、国認定の5名の伝統工芸士が従事する大阪錫器。大阪に根付く錫器伝統を受け継ぎながらも、現代にマッチした製品づくりに取り組んでいます。

大阪錫器 ジョッキベルク大

一つ一つ職人の手により、丁寧に作られた錫のビアタンブラー。錫特有の独特の光沢がおしゃれな製品です。

錫は酸化しにくく、錆びにくいといわれる金属なので、水を浄化するともいわれる錫製。口当たりもまろやかにおいしくビールを飲むことができると思います。なじみのない人が多い金属かもしれませんが、一度は使ってみたい製品です。

サイズ
口径:約7.5cm 高さ:約11cm
素材
錫器
容量
約400ml
仕様
-

魔法瓶で知名度が高い「サーモス」

魔法瓶、調理用品のとても知名度のあるブランドです。魔法瓶といえばサーモスと言われ、代名詞的な名前となっていますが、もともとは日本酸素ホールディングスがドイツのラインホルト・バーガー開発した魔法瓶「サーモス」を買収したことがきっかけ。その後に日本のブランドとなっています。

さまざまな製品で真空断熱魔法瓶の技術を活かしており、製品は評価も人気も高く、ビールジョッキは真空断熱構造で、冷たさをキープする特徴のサーモスらしい製品となっています。

サーモス 真空断熱ジョッキ

真空断熱構造で冷たさをキープする特徴がある製品。とても高い保冷力があり、サーモスらしいビアマグになっています。

結露しにくく、机などを水で濡らさないのも良いですね。元々人気のタンブラーをジョッキに拡張させた製品で、とてもシンプルに作られたおしゃれなジョッキに仕上がっています。

サイズ
12×8.5×16cm
素材
ステンレス鋼
容量
600ml
720ml
仕様
食洗器対応

孫の代まで使える「STANLEY」

孫の代まで使えるといわれる「スタンレーボトル」で有名なスタンレー。1913年に真空断熱技術とスチールを使ったボトルを発明したウィリアムスタンレーjrが立ち上げたブランド

温かい飲み物を暖かいまま持ち歩ける製品ですが、真空断熱の技術は高く、宇宙探査機や深海調査などでも使われるほどです。その技術を他の製品にも活かしジョッキも開発しています。

STANLEY(スタンレー) 真空ジョッキ

カラーバリエーションにはグリーンとブラックがありますが、マットなカラーリングのブラックがかっこいいスタンレーのビールジョッキ。

サイズが700mlと大き目なので、500ml缶をそのまま入れて、氷などを入れる余裕があるサイズ。また、口径が99mmと広いのでお手入れのしやすさく、取っ手が大きく持ちやすいのも特徴です。無骨で頑丈そうな、かっこいい作りの製品はスタンレーらしさが表れています。

サイズ
幅14.9×高さ17.2×本体径9.9cm
素材
ステンレス鋼,ポリプロピレン
容量
0.7L
仕様
-

パールライフ、キャプテンスタッグの「パール金属」

キッチン、リビング用品のパールライフ、アウトドアのキャプテンスタッグから構成されるパール金属。金物の町、日本でも有数の物づくりの町と知られる新潟県の燕三条市に本社を構えます。もの作りに優れ、企画・開発力に力をいれ、スピード感ある商品リリースが特徴です。ビールジョッキはパールライフからリリースされています。

パール金属 真空 断熱 ジョッキ

パール金属の人気の真空断熱ジョッキ。飲み口が薄く作ってあるのに口当たりが良いためビールがおいしく飲め、ステンレスの鉄の匂いがまったくないとの高い評価の製品です。

高級感のあるステンレスのボディながら、コストパフォーマンスにも優れています。保冷保温力が高いので、ビールだけではなくコーヒーなど、冷たくも温かくも飲みたい製品にも向いています。

サイズ
幅125×奥行80×高さ135mm
素材
ステンレス
容量
450mL
仕様
-

イタリア最大のガラスメーカー「ボルミオリ・ロッコ」

1826年にイタリアで創業した、食器やガラス製品のイタリア最大のガラスメーカー「ボルミオリロッコ」。イタリアンテイスト満載な製品は大変スタイリッシュで、価格は抑えられていることもあり、世界中で輸入されてきました。ビールジョッキは耐久性が高く、業務用として広く採用されています。

Bormioli Rocco(ボルミオリ ロッコ) モールス ビール0.3

重厚感があり、しっかりとした作りのボルミオリロッコのビールジョッキ。ボディの凹凸がスタイリッシュですし作りも頑丈。

ボルミエリロッコには他にもジョッキの付いたビアグラスがありますが、こちらの製品はリーズナブルで業務用として親しまれてきました。ちなみに現在アマゾンや楽天で売られている価格は高め。他のお店で安い価格を見たので、他も見てみると良いかもしれません。

サイズ
Φ77(M116) x H133mm
素材
ガラス
容量
370 ml
仕様
-

Bormioli Rocco(ボルミオリ ロコ) バビエラ ビアジョッキ

柔らかい曲線がおしゃれなボルミエリロッコのビールジョッキ。持ち手にこだわりのあるフォルムで大きく持ちやすい作り。底面にはボルミエリロッコの刻印がされている、さり気なさが良いですね。

高級感のあるデザインながらも価格も安いのでお得感も高く、サイズも豊富ですし、いろいろなショップで売られているので定番人気のあるジョッキだと思われます。

サイズ
口径8.6(持ち手含めて13cm)×高さ18cm
素材
ガラス
容量
約510cc
仕様
-

ワイングラスのブランドとして知名度が高い「Zwiesel」

1872年創業のツヴィーゼル・クリスタルグラス社。ワイングラスのブランドとして成功を収めていますが、もともとはガラス工房としてスタートしました。1898年に会社形態に組織を変えて事業を拡大、1924年にワイングラスの生産を始めています。

鉛、バリウムを含まない新素材のトリタン®クリスタルの国際特許を取得、環境にやさしい素材で、表面硬度が高く、水温差による耐久性や 「白曇り」現象もない素材。この素材を使ったワイングラスは高い評価を受けています。

製品は素材も良いですが、デザインも美しいです。ハイクオリティの「ZWIESEL GLAS」、ハンドメイドの「ZWIESEL 1872」、プロに愛される「SCHOTT ZWIESEL」などの人気のブランドを展開。ビールジョッキはSCHOTT ZWIESELの製品になります。

ショット ツヴィーゼル ビアグラス シュリアゼー

底が広く作られた形状がおしゃれなツヴィーゼルのビールジョッキ。あまり出回っていない製品のようですが、「ショット ツヴィーゼル」ブランドの製品でプロからも愛される製品なのだと思います。

大きくて分厚く、底が広いので安定感のある製品。飲みごたえがありそうですし、重量もあるので男性向けです。

サイズ
素材
ガラス
容量
638ml
仕様
-

商社とメーカーの二つの側面を持つ「ドウシシャ」

家電から生活雑貨まで幅広く取り扱うメーカーのドウシシャ。1974年創業で東京都、大阪に本社があります。商社とメーカーの二つの側面があり、スチール雑貨ブランドの「ルミナス」、扇風機のカモメファンなどが代表的なブランドと製品。

どの分野にも手をだしていますが、中途半端な感じはなく製品はおしゃれな物が多く、人気の製品シリーズが多いです。デザイン家電ブランドとは一線を画し、独自の路線で今後も伸びていくと思われる注目のメーカーです。

ドウシシャ ビールジョッキ ON℃ZONE

カラーバリエーションも多数あり、どれも美しいデザインのドウシシャのON℃ZONE (オンドゾーン)。冷凍庫で冷やしたオンドゾーンに、冷えていないビールを入れるとビールが氷点下まで下がり、冷えたビールに変える特徴のフリージングジョッキ。

オンドゾーンを冷やさなくていけませんが、複数ビールを冷蔵庫に入れて冷やす必要がないので冷蔵庫にもやさしい製品です。

サイズ
-
素材
ステンレス
容量
420 ml
仕様
-

アデリアレトロシリーズが人気の「アデリア」

「すぐそばに、いつもある豊かさ」をコンセプトに、幅広いガラス製品を製造している石塚硝子のブランド「アデリア」。石塚硝子はなんと200年の歴史がある企業で、最近では昭和の家庭にあったデザインのグラスを復刻させた、アデリアレトロシリーズが人気です。

他にもシリーズがあり、手作りの器や陶器のようなデザインがおしゃれな「てびねり」など、スタイリッシュなシリーズが多くあり、歴史と人気を併せ持つブランドです。

アデリア ビールジョッキ クールブ

なめらかな曲線がアデリアらしいスタイリッシュなビールジョッキ。350ml缶にちょうど良いサイズ感。770円と価格が安いのですが、そうはみえない美しさがあります。

また、カット調のデザインは高級感があり、アデリアらしさもありますが、ハイボールやカクテルが作りやすい目印にもなり、お好みを毎回同じように作れるとして便利です。

サイズ
最大径約12.1(口径8.3)×高さ14.3cm(取っ手含)
素材
ソーダガラス
容量
380ml
仕様
-

キリンやアサヒなどのビールジョッキ

居酒屋で使われているような、キリン一番搾りやドライなどの人気ビール製品のロゴが入ったビールジョッキを紹介しています。自宅で飲んでいても居酒屋気分を味わえるために人気のジョッキとなっています。

アサヒ 中ジョッキ ドライ

アサヒのスーパードライのロゴ入りジョッキ。スーパードライが好きな人には特におすすめ。ドライジョッキで気分もまた違った感じで飲めるのではないかと思います。

470mlという350缶にちょうどよいサイズ感で作れており、ビールと一緒にジョッキをあらかじめ冷やして使うとよりおいしく飲めます。

スーパードライが好きな人へのプレゼントとしても喜ばれる製品ですね。

サイズ
幅7.8×奥11.8×高15.8cm
素材
ガラス
容量
435mL
仕様

キリン 一番搾り プライベートジョッキ

キリンの一番搾りビールジョッキ。居酒屋でもよく見かける製品なので、宅のみでも居酒屋気分が味わえるのではないでしょうか。サイズが400mlなので、350ml缶を入れるにしてもあまり泡たてるとこぼれる仕様です。

サイズ
-
素材
ガラス
容量
400 ミリリットル
仕様
-

その他のおしゃれで人気なビールジョッキ

ドラム缶マグカップ

ドラム缶の形をしたビールジョッキ。ただのおもちゃのようにも見えますが、金物の町として有名な新潟県燕三条市でしっかりとステンレス加工された製品です。お部屋のインテリアにも面白いデザインですが、アウトドアとして使うことも考えられていて、クラビナなどに吊るせるように取っ手が工夫されています。

サイズ
内径70xH107mm
素材
ステンレス
容量
480ml
仕様
-

三陶 萬古焼 ビールジョッキ 黒うのふ

伝統工芸品に位置付けられている萬古焼のビールジョッキ。美しい和陶器で飲むビールもまた違った味わいがありそうですね。錆十草、黒うのふ、駒筋などのバリエーションがあります。

サイズ
約直径10×高さ14cm
素材
陶器
容量
350ml
仕様
-

琉球ガラス イラブチャー ジョッキ

沖縄で作られる琉球ガラスのビールジョッキ。独特な色合いが鮮やかできれいなジョッキですが、イブラチャーという沖縄の代表的な魚をモチーフにしているとのこと。

琉球ガラスで作られたジョッキはいろいろとありますが、取っ手を青にしている当品が一番おしゃれな作りだと思います。

サイズ
高さ:約 13.0cm / 口径:約 7.5cm
素材
ソーダガラス
容量
-
仕様
-

以上です。いかがでしたでしょうか。いろいろと種類のあるビールジョッキですが、自分にマッチした素材やデザインを選んで、おいしくビールを飲みたいですね。参考にしていただけたらと思います。

サイトについて | お問い合わせ | プライバシーポリシー

© Coolman