かっこいいライターを種類別に21選。オイル、ガス、電気などのイメージ

喫煙者には必需品のライター。昔からこだわりの強い男性のために、デザイン性に優れた製品が発売されてきました。

有名ブランドの製品も多く、ここではそんなかっこいいライターを探している男性向けに、オイル、ガス、電気、トレンチ、ギミックに分けて優れたデザインの商品を紹介していこうと思います。

かっこいいライターの選び方

ブランド

ライターには100円の物から値段の高いものまで様々。ブランドライターはやはり高級感のあるデザインやその歴史などが魅力ですが、特徴も異なります。

有名なブランドには、安いものから高いものまで揃う王道なジッポー、戦前からの歴史がある日本のサロメ、高級ライターの代名詞のデュポン、デザインが独特なロンソンなどがあり、持っているとステータスにもなりますので、好きなブランドから選ぶのも良いのではないでしょうか。

着火方法

ライターの着火方式にはフリント式、電子式、ターボ式といくつかの方法がありますが、電子式やターボ式にあるボタンを押すことで着火するタイプと、ホイールを回転させて火花を起して着火させるタイプの二通りがあります。

100円ライターなどではボタンを押して着火させる方が楽ですし、ホイールが回らなくなるなどがないので、こちらの方がいいと思いますが、カッコよさを求めるなら断然フリント式を選びたいです。

ブランドものではボタン式の物はあまりないですし、ブランドを求める人はかっこよさも求めてる人でもあるので、ホイール式を採用しているということは、やはりホイール式がかっこいいと思う人が多いのではないかと思います。

イメージの問題ではあると思いますが、ガリッとホイールを回して着火する姿は、ボタンを押すよりもやはりかっこいいですね。

蓋を開ける音

ブランドライターには蓋つきの製品が多いのですが、その蓋を開ける時の音にかっこよさを感じる人は多いのではないでしょうか。「キンッ」という音や「カキーン」という独特な音がするライターは特徴的で、ドラマなどで使っているシーンは印象深く覚えていたりします。

うるさいと感じる人や仕事で邪魔になる人などもいるとは思いますが、美しい音がすることで有名なのがデュポンのギャッツビーとライン2シリーズで、音に魅力を感じて購入する人も多いようです。

以上です。ここからは種類に分けて、かっこいいライターを紹介していきたいと思います。

癖になるかっこよさオイルライター

オイルライターは蒸発性燃料のオイルを気化させて、空気中の酸素と混合させて着火させるライター。混合方式と呼ばれます。

風に強く、強風に煽られてもなかなか火が消えないという特徴があり、普段使いの他に登山やキャンプなどで使うのにも向いています。また、フタを開ける時や火を付ける時の音などが癖になるかっこよさがあり、コレクターも多いです。

ただ、燃料となる石油やヘキサン系のオイルの匂いは独特で、中には受け付けない人もいます。

ZIPPO(ジッポー) 1935年復刻レプリカ

オイルライターの代名詞のZIPPO。ZIPPOとは1932年に創業されたアメリカ合衆国の企業であり、同社が製造する金属製オイルライターの名前です。使いづらかったオーストリア製を片手で操作できるように改良し、永久修理保証サービスを付けたことで人気となりました。、

セレクトしたZIPPOライター200は1936年にラインナップに加わり、究極に無駄を省いたシンプル設計。すべてのZIPPOの元になっている定番モデルです。

サイズ
約56×38×13mm

IMCO(イムコ) スーパー フリント式 6700P ブラックニッケル

ライターの世界標準を作ったとされる「イムコ」。帝国政府の依頼に基づき、兵士に向けて作ったのが最初と言われています。

戦場で生まれたライターらしく、無骨感があり、かっこいいデザインが特徴的なフォルム。とてもワイルド感があり男性向きですね。これはブラックですが、シルバーとゴールドもあります。リーズナブルなのもありがたい所です。

しかし現在ではイムコはライター事業から撤退し、日本の代理店であった「柘製作所」がそのブランドを引き継いでいます。

サイズ
高さ6.2cm×幅2.7cm×厚さ1.4cm

COLIBRI(コリブリ) バレル仕上げ

COLIBRI(コリブリ)も世界的に有名な喫煙具メーカー。こちらの製品はブランドの出発点になったコリブリと名前が付いたライターです。

着火の仕方に特徴があるライターで、レバーを下げて放すだけで着火できます。ヴィンテージ感のあるデザインに、刻印されたヨーロッパ貴族の紋章みたいなロゴが優雅でかっこいいですね。

サイズ
高さ48×幅38×厚さ12mm

DOUGLASS(ダグラス) フィールドS

1926年にアメリカで造られたダグラスライター。志半ばで製造を停止しましたが、日本パイプの技術により復刻されました。当時のライターを解析してみると、現代でも大量生産できないようなクラフトマンシップの塊のような精巧さでした。

こちらのフィールドSha1/100ミリ単位で計算された45点ものパーツを組み合わせた構造で、ヤスリに板バネを使わないという新技術も使われており、職人の手により一つ一つ丁寧に作られている製品です。

サイズ
高さ75.1mm×幅20.4mm×奥行き12mm

RONSON(ロンソン) ワーク26 シルバーアラベスク

同じアメリカのZIPPO社よりも歴史が深く、世界中に人気のあるブランドの「ロンソン」。ロンソンにはバンジョーやスタンダードといった人気シリーズがありますが、これはサイドローラーが付いたwork26シリーズです。

ロンソンは無骨感のあるデザインが魅力なブランドなので、らしくはないのですが、ボディに刻印された柄がとてもおしゃれに見えました。

サイズ
高さ59.5×幅35×厚さ12mm

Orobianco(オロビアンコ) ロゴ刻印 レザー ライトブラウン

オロビアンコはイタリアのミラノで生まれ、日本で人気となり本国では活動をしていないブランドですが、日本では非常に人気があります。特にレザー製品が有名ですが、喫煙具も手がけています。

本品もレザーが特徴的で、カジュアルもビジネスもどんなシーンにも合いそうなデザイン。ロゴがとても力強く、どんなものにもこれが刻印されるとかっこよくみえますね。

サイズ
約6cm×約4cm×約1.3cm

WIN(ウィン) WIN1800

1947年に創立し、高い技術力を持ってオイルライターやガスライターなどを製造。バーバーリーなどの有名ブランドの喫煙具も手掛けていた「WIN」。残念ながら1994年に活動を停止しましたが、2009年に日本パイプにより製品が復刻。

高級感があるデザインながら、どことなく少し古さを感じる昭和感があります。

サイズ
高さ66mm×幅26mm×厚さ15mm

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウェストウッド) スタンプ正規品

ヴィヴィアン・ウエストウッドはイギリスのファッションデザイナーまたはブランド名。マルコムマクラーレンとパンクバンドをプロデュースしたことで有名となり、日本でも人気漫画に登場したことで名前が広まりました。

こちらのブランドの特徴でもある、ORBが型抜きで全面に描かれているスペシャルなライターはパンキッシュでクールですね。

サイズ
縦6.5cm×横3.3cm×厚み1cm

使う人を選ばないガスライター

液化ガスを燃料にしているガスライターを紹介しています。タンクの中に入っているのは液体なのでオイルと勘違いがあるかもしれませんが、空気中に放出されることで気化する構造を持つのがガスライターです。

液化ガスは少なくても長く燃えて燃費がよい特性があります。100円など安い値段で販売されている使い捨ての商品もありますし、ガスを購入しを注入して使うタイプがあります。液化ガスは無臭で、オイルの匂いが苦手な人なども問題なく使える、人を選ばない製品です。

しかし、やさしい炎を作るため、風への耐性がなく消えやすい特徴があります。

S.T.DUPONT(エス・テー・デュポン) ライン2

超高級ライターと言えば一番にデュポンと答えるほどメジャーなブランド。その中でもギャッツビーと並んで人気のフラッグシップモデル「LINE2」シリーズ。

開閉時の「キーン」という音が特徴で、これはこのLINE2で生まれました。1977年にライン1を薄くしてよりかっこいいデザインとなったモデルで、モンパルナスとも呼ばれてます。

あまりにも高いのですが、喫煙者であれば誰もが手に入れたいアイテムではないでしょうか。

サイズ
37×62×11mm

CARAN d'ACHE(カランダッシュ) カランダッシュ30

どちらかというと文房具としてのイメージが強いカランダッシュですが、ペン製造の技術を生かし素晴らしいライターを製造しています。

炎の種類は風にも強いバーナーフレームを採用し、カランダッシュらしいエレガントさのあるデザインが特徴の製品。点火機構は電子式で、現代的な電子式となっています。

サイズ
高さ65×幅26×厚さ9mm

Dunhill(ダンヒル) ローラガスライターRLS1350

紳士な大人向けのブランドのダンヒル。ヨーロッパでは圧倒的な支持を得ているブランドで、ウェアとしてのイメージが強いですが、1907年にはロンドンのウエストエンドにお洒落な喫煙具屋を回転するなど、タバコやライターに関しての歴史も深いです。

現在はダンヒルのライターの種類も減っているようですが、こちらはローラー式でデザイン豊富なシリーズ、シンプルなタイプもありますが、DUNHILと大きく描かれているこちらのデザインがかっこいいと思いました。

サイズ
約6.4cm×W:約2.3cm×D:約1.2cm

im corona(イムコロナ) パイプライター オールドボーイ

世界32か国で商標登録され、世界中で高品質なライターとして愛されている日本メーカーのイムコロナ。30代の男性をターゲットにしているように、この製品もメカニカルさと上品さが絶妙。イムコロナの定番アイテムとして人気があります。

本体下部にはタンパーがついているので、パイプ愛好家には嬉しいパイプライターです。

サイズ
高さ65.5mm×幅30.0mm×厚さ12.0mm

坪田パール ニューボルボ exロングガスライター

1952年の創業より喫煙具を製造している坪田パールのガスライター。真鍮製のタンクでガスもちも良く、発火石とヤスリをこすり合わせて着火するタイプのフリント式ライターです。

サイズ
H66×32×14mm

USBで充電できる電子ライター

圧電素子(ピエゾ素子)というものを使い着火させ、電動コイルなどにタバコを押し当てて使うタイプのライターです。火がたたないため引火する危険性が他のオイルやガスに比べて低く安全性があり、USBにより充電して繰り返し使えるのが特徴です。

デメリットとしては他のガスやオイルライターに比べて寿命が短い傾向があります。

S.T. Dupont(エス・テー・デュポン) E-スリム ブラック&クローム

高級ライターの代名詞とも言えるデュポン。フタの開閉時に「カキーン」と響く音が魅力のライターをリリースしていますが、それはギャッツビーシリーズ、LINE2シリーズで聞くことができます。

このE-スリムでは音はないのですが、極薄スリムなボディが特徴のシリーズで、USBにより充電できる電子式。デザインもデュポンらしくかっこよく、くりぬかれた円の中にフィラメントが特徴的です。

サイズ
(奥行き × 幅 × 高さ)9 x 39 x 72 mm

GORMOLO 電子ターボライター

100円ライターのようであまり高級感は感じませんが、一時間程度で充電は満タンになり、本数にもよりますが一度の充電で一週間程度持つパワーがあります。充電ライトでどれだけの電気が残っているのか一目で分かり、両面着火などの機能性に優れた製品であり、値段も1500円程度と安いのでコスパがよいですね。

コンパクトで持ち歩きやすい設計もポイントです。

サイズ
78mm×24mm

アウトドアに最適なターボライター

ターボライターは風に強い強い炎を発することができ、キャンプなど屋外で使用するのにとても便利です。

燃料には液化ガスを使用するため、ガスライターの部類に所属しますが、混合ガスを内部で完全燃焼させて使い、外部の酸素を頼って着火させる通常のガスライターよりも強い炎を作り出すことができます。

まっすぐに伸びる青白い火は高温のため、自分の方に向けて着火させてしまうとやけどの危険があるため、十分に注意して使う必要があります。

WINDMILL(ウインドミル) AWL-10 ターボ シルバー

ハイテクなライターを製造する高い技術力をもつ日本の喫煙具メーカーの「WINDMILL」。このスタンダードなAWL-10はターボライターの元祖です。

デザインも特徴的で面白みがあり、軽量かつ耐久性に優れたアルミを使用し、防水、耐風機能搭載でアウトドアにも最適。カラーバリエーションが豊富なのも嬉しい所です。

サイズ
高さ74×幅39×厚さ13mm

ツインライト ターボライター

3本のパワフルなジェットバーナーを備えたパワーあふれるターボライター。スイッチを押せば自動でフタが開き、スムーズに動作。つまみによる炎の調整が可能です。

インダストリアルなデザインもかっこ良いのですが、コメントなど読むと少し耐久性が弱いようです。

サイズ
高さ80mm×幅35mm×厚さ20mm

薬莢が起源のトレンチライター

トレンチライターのトレンチとは塹壕のことで、第一次大戦中に兵士が塹壕の中で弾丸の薬莢を使って作られたライターが起源となっているようです。

それを製品としていち早く取り入れたのがイムコで、イーファは元祖として有名です。トレンチライターはオイルライターの一種なのですが、フォルムがかっこよく目立つため、ランキングでもランクインする人気があります。

イムコ イーファ

トレンチライターの元祖イーファの復刻版。イムコは事業を撤退して日本と中国の企業がブランド名を引き継いでいますが、イーファはなかなか手に入りにくい製品で、イーファの復刻を待っていた人も多いと思います。

オリジナルでは壊れやすかったフリント部分も強化され、現代的に強化されて生まれ変わりました。

shelter(シェルター) トレンチ オイル ライター

1920年IMCO OEM JIFENGのレプリカ。素材には真鍮, 鉄, 合金を使って作られており、使えば使うほどレトロ感が増して、おしゃれになりそうなトレンチライター。コスパも良く人気の製品です。

おもしろギミックライター

ライターにはユニークなデザインのものが多いので、面白いデザインや変わった形状ながらも、かっこよくおもしろい製品をご紹介します。

NAKED(ネイキッド) ベアメタル シルバー

ライターの基本構造をわざとむき出しにした製品。

oliver exのライターをベースにしているとのことです。このメカニカルなデザインとヴィンテージ感のあるフォルムは、やっぱりかっこいいです。素材のベアメタルは使い込むほどに味が出る素材も、長く使うのにはありがたい素材。

ブランドやメーカーなどあまり有名ではないようで、よく分かりませんがかっこいいものはかっこいいです。

サイズ
高さ61mm×幅31mm×厚さ12.5mm

アドミラル産業 消火器ライター

消化レバーを押すと着火するアドミラル産業の消火器ライター。ガスをいれることで繰り返し使える充填式。わりと本物のように精巧に作られています。ホースの先端にはONOFFによる点灯消灯するLEDランプが付いてるのも、使い勝手がよさそうで嬉しい点です。

サイズ
高さ78mm×幅55mm×奥行き23mm

電子ライター 懐中電灯 カモフラージュ

ledライト機能も付いたUSBライターです。照明は強、中、点灯と3つのモードがあり本格的。充電中は着火スイッチ押しても放電しない安心設計です。

また、本体にはアルミ合金を使い頑丈で防水仕様。キャンプなどで使うのによいですし、災害時のために持っておくのも良いと思います。

サイズ
-

以上、おしゃれでかっこいいライターを種類ごとに22選紹介させていただきました。

喫煙者にとっては毎日使うものですので、愛着の湧くスタイリッシュなものを持ちたいですね。

サイトについて | お問い合わせ | プライバシーポリシー

© Coolman